森羅万象を統合する視点

これまでの「取材・旅・研究」の集大成として構築されたのが、身体の内・外を融合させた「生体コミュニケーション論」(Biological Communication Theory)です。
身体の内部は理科系、外部は文科系の領域と関わりが深いことから学問の統合、すなわち生理学(医学・栄養学・免疫学)と社会学(民俗学、文化人類学、歴史学)を融合する試みとしても位置づけられます。

こうした融合を前提にすることで、自然の法則、社会で生きる知恵、自己のコンディショニングが地続きになり、理論が理論にとどまらない自己実践、これからの時代に必要不可欠な「生きた学問」がおのずと展開されていくはずです。

 

 

 

 

「科学的に正しいこと」「暗黙知として成り立ちうるもの」「身体の健康に寄与すること」……これらは身体を媒介して同定でき、ヒトの生き方に寄与する叡智となりえます。そういう認識のもと、学びが再構築できたら最高ですよね。