メッセージ

いまなぜここにいるんだろう? これからどこへ行くんだろう?

日本列島で暮らしてきたこと。

日本人であること。

何よりも、わたしがわたしであること。

あなたと過ごしていること。

植物、動物、微生物、鉱物との関わり合い……。

そのすべてを受け止め、いまあるもの、これから生み出されるものに感謝する。

生きて食べて、旅をして、私たちはいまここにいる。

その歩みのささやかな記録をこの世界に残し、うつくしさを分かち合いたい。

 

コンセプト

すべてをつなげる視点で世界を見る(まえがきより)

この日本列島に人が住み始めたのは、およそ4万年前。

広大なユーラシア大陸を数世代にわたって流浪してきた集団の一部が、
ナウマンゾウやトナカイを追って極東の外れにたどり着き、
根を下ろしたのが始まりだったと言われています。

この人類の長い旅は、グレートジャーニーと呼ばれています。
それは、アフリカで誕生したとされる人類が世界中に散らばっていった、
長い長い旅の軌跡。そのルートをたどっていくと、無数の人たちが旅をし、
見知らぬ土地を切り開いてきたすがたが浮かび上がります。

旅をしてきたからこそ世界中でさまざまな文化が花開き、
日本列島にも固有の文化が生まれ、こうしていま、ここに僕たちが存在します。
想像すればするほど、気の遠くなる、夢のような話です。
夢のような時間が過ぎ、地球上には70億人が暮らすようになりました。

人はなぜ旅をするのでしょうか?
それは、食べるため。この地球上に生きているほぼすべての生き物は、
食べることで栄養を補給し、エネルギーに変えて生きています。
生物がまだ豆粒よりもはるかに小さかった時代から、そうセットされてきました。

食べてエネルギーに変える仕組みは、代謝と呼ばれています。
理科の教科書風に言うと、遺伝して子孫を残すこと、
細胞という小さなかたまりを一単位にしていること、
ずっと同じではなく進化する可能性があることなどと並んで、
生物の条件に挙げられています。

こうした生きる条件が十分に満たされたとき、生物は快をおぼえます。
生物的に見た場合、食べることは単なる栄養補給ではなく、
心地がいいこと、しあわせなこと、とイコールです。

逆に言えば、食にありつけない状態は苦しみの元凶です。
食べられないことは多くの人にとって不幸に直結します。
食べられなくなったら、自己の生存はもちろん、
家族を養えず、子孫が残せなくなります。
それは生物としての本能に反することであり、快から遠ざかる行為そのものでしょう。

つまり、グレートジャーニーは、フードジャーニー。
旅することは食べること、食べるために歩くこと。

アフリカで生まれたとされる人類は、なぜ世界へ散っていったのか?
さまざまな背景が考えられていますが、シンプルに言えば、
その土地で食べられなくなった、だからやむなく旅を始めた。
食べるものを求めて、いや、失われた心地よさを求めて……。
冒険心、好奇心だけで大移動が起こるわけではない、
もっとずっと切実な事情のなかから人生の冒険は始まるのです。

(続きはこちらから⇨ FoodJourney-digest

 

長沼敬憲

(「まえがき」をもとに構成。写真はスペイン・バレンシア州 カステリョンの岩絵より)

ビジョン

「フードジャーニー」は、私たちが「いま・ここ」にいることの意味と価値を知り、生きる力に変える一助とするため、先人たちが残してきた叡智を総動員し、一つのコンテンツとして生み出されたものです。

企画者(長沼敬憲)が出版の畑で仕事をしてきたこともあり、その全体像をまず書籍としてまとめましたが、これはいわば物語の台本、原案です。出版化を前提にしつつ、より大きな枠組みとして①映像化、②海外発信を視野に入れています。

映像化については、2020年を目安に完成を目指し、同時に英訳→海外発信も行っていきます。

これからの時代、地球のボーダレス化が進むなか、それぞれの国や地域、すなわち「日本」そのものが文化的コンテンツとしての価値を帯びてくることは間違いありません。

ただ、そのためにはメッセージ。世界観をより洗練させ、多くの人と分かち合える普遍性を持った内容に磨き上げていく必要があります。

コミュニケーションは生きることそのものです。

風土によって生まれた文化の差異、歴史のとらえ方の違いは、論争の材料としてではなく、「異世界とつながり、生物としての感度を広げていく」生の拡充の契機として活かすべきでしょう。

そのためにこそ、これからますますアイデンティティを語ることが重要になってきます。

私たちはどこから来て、何を食べてきたか? ーーフードジャーニーは、「食べて、生きて、旅する」というヒトの素朴な営みの積み重ねを追ったものです。
もとより記述の難しい(不可能な)領域であることは承知していますが、それをあえて行う蛮勇の中にこそ、最良の価値が見出されると信じています。